• Welcome to Felted Painting World

    ようこそ。羊毛フェルト絵画のアトリエへお越しいただきありがとうございます。

    天然繊維(羊毛とシルク)で、絵画を制作しております。

    ご観覧頂く皆さまをどこか幽遠な場所へ連れていけるような…

    そんな世界を創り出せるよう、精進して参ります。

  • About Felted Painting

    羊毛フェルト絵画とは

    羊毛フェルト絵画とは

     

    羊毛フェルトといえば、お人形・バッグ・帽子などの造形物を連想される方が多いのではないでしょうか。「繊維で作られた絵画」は、あまり日本では見られない珍しい分野です。

     

    フェルトの仕組みを利用して、キャンバス地から組み立てていきます。キャンバスが出来上がったら、羊毛を絵の具のように積み重ねていきます。油絵の手法と似ていますね。一枚の絵画、つまり生活雑貨ではなく新たなジャンルの芸術作品として発信しています。

    フェルトのしくみ

     

    羊毛フェルトとは、羊毛などの動物の毛を絡ませて板状にした不織物をいいます。

    化学的処理を行うことで繊維が縮絨するしくみです。

    熱・水分・アルカリ・摩擦・圧力を加えることによって羊毛が収縮し、その強度によって堅さを調節することができます。

    一本一本の繊維の集まりが一枚のテキスタイルとして生まれ変ります。

    羊毛の心得

     

    羊の種類によって毛の堅さやうねり具合が全く異なります。例えば北イングランドのウェンズリーデイルの羊の毛は、くねくねした強力なカールが特徴であったり…。

    表現に応じて、様々な羊毛を使い分けて描いています。

     

    世界各国の良質で繊細な羊毛を仕入れているため、滑らかで柔らかな風合いに仕上がります。

     

     

    特有の技法

     

    このアトリエでは、約130種類の色彩を使用しております。

     

    絵画のベースは、石鹸水を用いたフェルト化法を採用しています。また、表現するものに応じて、ニードル・ハサミ・ミシンを用いることで、様々な繊維の絡み合いやラインをつくることができます。

     

    羊毛だけでなく、光沢感を表現するために、天然のシルクや特殊な繊維も使用しております。

  •  

    About Artist

     

    作家紹介

    AIKA

    学生時代は、ヨーロッパの絵画について勉強しておりました。絵に描かれるモティーフや技法をみて、宗教・文学・歴史・哲学などの観点から画家の意図を読み解くというものです。私が羊毛フェルト絵画を始めることになったのは、渡英したときにロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館に展示されていたテキスタイルに魅了されたことがはじまりです。芸術作品としてのテキスタイル・アートに興味を持ち、調べているうちにイギリスのアーティストによる羊毛絵画と出会って、驚嘆したことを覚えています。

     

     

    本格的に羊毛フェルト絵画の勉強を始めるために、もういちど渡英して作家 Fiona Gill 氏にコンタクトをとり、個人的に技法を学ぶ機会を得ることができました。また、ウェールズの羊毛風景画家 Susan Mulcock氏 による公開授業に参加して、様々な技法を取り入れることができました。

    これまで、そして常に支えて頂いている方々のおかげで、ここまで歩いて来られたと感じております。今後もさらに良い作品を生み出せるよう、丹精を込めて取り組み、成長する試みです。

  • Blog

    ソーシャルフィードにて作家の制作活動や最新情報を綴っております。

  • Online Shop

    オンラインで羊毛絵画・オリジナルグッズを購入 

    ※現在準備中。販売開始までしばらくお待ちください。

  • Inquiry

    お問い合わせ

    お仕事などのご依頼はこちらから。

    ペットなどの動物作品の注文も受け付けております。

    まずはメールにてカタログ(PDF)をお送り致しますので、ご気軽にご連絡ください。

  • Stay in Touch

    作品制作や最新情報はこちからから御覧いただけます。

    ぜひフォローください。